FC2ブログ

バストアップ方法@情報局 > スポンサー広告 > バストの成長の仕組み

バストアップ方法@情報局 > バストアップについての基礎知識 > バストの成長の仕組み

バストアップ方法@情報局

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バストアップ方法@情報局

バストの成長の仕組み

バストアップを実践するためには、バストについて正しい知識がないといけないと思います。

まずはバストの成長の仕組みについて説明しましょう。

バストは9割が脂肪で1割が乳腺で出来ていて、表面は皮膚で覆われています。

バストの成長の過程をみてみると、


第一次性徴期(第一次性徴は性別差なし)
   ↓
乳輪下に脂肪組織が蓄積し始め、乳頭、乳輪が広くなり乳首・乳輪の色が変化する(ここから思春期)
   ↓
脂肪組織が蓄積し外見差が出てくる
   ↓
乳輪が隆起しほぼ成人型になる


バストの大きさは脂肪と乳腺の量によって決まります。

女性ホルモンは思春期から成人期にかけて分泌されるのですが、多ければ多いほど脂肪がつきやすく大きくなっていきます。

そのため思春期に激しいスポーツや多大な精神的ストレスがあると女性ホルモンの分泌が少なくなり、そのためバストの成長が抑制されてしまいます。

女性ホルモンの量を調節しているのが精神の影響を受けやすい脳下垂体にある視床下部という所です。

ストレスをためることがバストの成長を妨げる原因となるというのはこのためです。

バストは大胸筋と皮膚によって支えられてます。

大胸筋は乳腺や脂肪組織を下から支えています。

大胸筋を鍛えていれば、ある程度の年齢になってもバストの形を維持することができます。

また、体内にあるコラーゲンやヒアルロン酸がバストの皮膚にハリをもたせてくれます。

皮膚にハリがあるとしっかりとバストを支えることが出来るのです。


また、神経終末が集中している乳首は刺激を受けると性的興奮を得やすいので、女性ホルモンが分泌されやすくなります。

よって乳首をやさしく刺激することは女性ホルモンを分泌させることになり、その結果バストアップができるということになります。

以上のようにバストの大きさや形は、様々な要因が重なって決まってくるのです。


スポンサーサイト

<<バストが小さい原因バストアップ方法@情報局ブラヴィ~バストアップクリーム~>>

<<バストが小さい原因バストアップ方法@情報局ブラヴィ~バストアップクリーム~>>

案内

バストアップ方法@情報局ではバストアップに関するあらゆる情報を集めていきたいと思ってます。少しでもバストのことで悩んでいる方の参考になっていただければ幸いです。当ブログはリンクフリーとなっております。また、相互リンクも募集中です。相互リンク希望の方は左下のメールフォームより連絡お願いします。




お得情報
え○チャン”のブログからブレークした伝説のダイエット本”モデダイ”の一部が無料で公開されています。実際には送料がかかるので全くの0円ではないですが、こんな機会はなかなかないです。正規版だと13800円します。詳細は下をクリックしてください。


ランキング

最新記事

カテゴリ

ショップ(美容・健康)

エステ

美容整形外科

@Beauty 豊胸・脂肪吸引の相談サイト

ただいま美容モニターを募集中です。
モニターになって頂く方へは通常の施術料金の最大50%割引で施術が受けられます。
詳しくはこちらより

全国美容整形クリニック検索なら
@美容整形







湘南美容外科クリニックの脂肪幹細胞注入法豊胸術体験しませんか?
湘南美容外科クリニックのインプラント法豊胸術体験しませんか?







メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。